フローレンス・ナイチンゲールの秘密報告書

1856年8月、フローレンス・ナイチンゲールは英国政府に彼女の秘密報告書を活字にして渡した。彼女は政府に対して病院での(特に彼女の)劣悪な衛生環境がクリミア戦争での主たる死因であったと訴えた。彼女は王立委員会に対しても同様の趣旨の公式報告書を完成させていた。彼女は戦時大臣に公式報告書の中に彼女の秘密報告書(英国陸軍の衛生上の重大な事柄の覚書、と呼ばれていた。)の中で明らかにしている証拠を掲載するよう要請した。だが、大臣とその同僚たちは拒絶した。彼女の病院の死亡率が、より優れた看護と医療の水準を持っていたにもかかわらず、他の施設のそれよりも高かったことを示す統計的分析は、それゆえ公表されることはなかった。彼女の統計は公的な政府による調査に依っていた。しかし、彼女の報告書はいかなる政府の公文書の中にも見られることはなかった。それを再度世間に公表しようとするものはいなかったし、1998年以前にその存在を確かめる者さえいなかった。その彼女の報告書が今だに存在する理由は、彼女が精神的な衰弱から回復したのち、彼女は自分の報告書を数多くコピーし、それらをリークし、国中の人間が気付くようにしむけたのだ。すなわち、先の政府の衛生に対する無関心な態度が、16000名にものぼる兵士たちの死を招いたこと、そして、そのことを証明している報告書が大臣の手にあったこと、だが、彼はそれを公表する代わりに真実を覆い隠すことに尽力したこと、などである。彼女は自国の政府が政策に対して「透明」であることを望んだし、また、そうであることに成功した。

政府がひた隠しにした彼女の秘密報告書は以下のとおりである。

「ある軍団における多大な戦死者に関する意見書、付:病院に収容された人員に関する統計」

前述にあるように、ある軍団の死亡者数は一般的なその率を超えていたことがすでに明らかであった。第46、95、63、44、28、50歩兵連隊では1854年10月から1855年4月までの7か月間で平均73%の死亡率を記録した。これは10か月間で部隊が消滅する割合であり、言い替えれば、年間の死亡率は125%である、ということだ。

[表Aはここでは省略した。負傷によるものと、疾病によるものとを分けて8つの連隊の死亡者数を見積もったものである]

次の表は注目に値するものである。理由はそれ自体が説明している。この表には連隊毎の、あの7か月間の入院者数と死亡者数を示している。これは以前にも示されていたが、その時はスカタリでの病院で、いかに恐るべき状況のために多くの命が失われたか、また、各連隊が不運にもペストハウスとも言うべき病院へ送られることが、そこでの死亡者数の多さの原因となっていたかを示すものではなかった。

前述の壊滅しかかった8つの連隊と3つの近衛連隊は「スカタリで死亡」の欄のSの文字で示されている。この恐ろしいまでの死者の多さはスカタリでの戦闘がいかにその数値に寄与したかを表しており、不運な連隊がいかに多大な消耗を強いられたかを説明している。.

[表  B]

*要旨: 入院者数と死亡者数は共に本国へ送還された数を含んでいる。彼等は7か月間の間クリミアに従軍した。その期間とは1854年10月1日から1855年4月30日の間である。スカタリでの治療も含まれている。

      総計
師団及び連隊 定員兵力 入院者数 クリミアでの死者 スカタリへの移送者 スカタリでの死者 英国への送還者 備考
第2
師団
第30歩兵連隊

522

934

108

308

93

99

              
第55 "

695

1,462

61

265

96

100

              
第62 "

430

949

96

135

42

24

              
第95 "

417

1,250

199

345

155s

114

              
第41 "

684

1,323

104

320

94

81

              
第47 "

637

1,223

91

280

71

102

              
第49 "

655

1,071

66

274

90

89

              
                                                               
第3
師団
第1     "

771

1,048

229

354

118

63

              
第14 "

423

878

8

42

2

6

a)
第38 "

689

1,728

149

319

118

73

              
第39 "

401

623

23

32

16

48

a)
第50 "

520

1,033

231

278

96s

84

              
第89 "

433

993

111

129

59

38

b)
第4     "

508

1,044

96

354

95

46

              
第9  "

309

754

117

217

56

52

              
第18 "

475

636

29

95

18

18

a)
第28 "

522

1,209

175

373

101s

77

              
第44 "

598

1,140

204

394

112s

65

              
                                                                           
第4
師団
第17 "

561

846

59

47

23

9

b)
20 "

532

1,438

132

370

122

116

   
第21 "

582

1,388

145

294

113

86

    
第57 "

715

975

66

189

53

65

     
第46 "

378

1,573

259

431

146s

84

     
第68 "

503

2,042

73

229

79

53

     
第68連隊分遺隊

154

371

3

22

                       
ライフル旅団第1大隊

601

1,311

124

397

281

176

c)
                                                              
軽師団 第7歩兵連隊

562

783

105

347

125

129

    
23 "

579

949

219

331

140s

115

      
第33 "

424

1,194

189

345

135s

144

       
第34 "

504

652

54

86

30

21

b)
第97 "

646

695

172

224

86

41

    
第19 "

548

837

132

276

112

118

     
第77 "

736

1,147

124

286

96

84

      
第88 "

624

1,603

81

319

101

105

    
第90 "

419

642

95

207

61

25

b)
ライフル旅団第2大隊右翼

449

1,114

43

272

               d)
                                                   
第1
師団
42歩兵連隊 704

775

72

135

51

30

    
第63 "

448

602

183

383

170s

96

h)
第71 "

330

348

12

43

5

3

a)
第79 "

714

932

156

241

65

39

     
第93 "

727

797

87

71

53

62

e)
ライフル旅団第2大隊左翼

192

271

8

43

.. ..        
近衛歩兵第1連隊

487

716

63

271

238s

189

f) g)
近衛歩兵第2連隊

478

1,234

115

441

166s

98

f) g)
近衛歩兵第3連隊

553

904

95

353

169s

147

f) g)

歩兵総数

23,775 45,437 4,963 11,167 4,052 3,214            
騎兵
師団
第1竜騎兵隊

247

226

7

100

23

18

       
第2 "

205

480

15

126

23

16

        
第4近衛竜騎兵隊

250

490

11

63

8

18

      
第6竜騎兵隊

241

483

20

42

18

23

      
第5近衛竜騎兵隊

172

370

9

73

14

39

        
第4竜騎兵隊

163

427

12

75

19

29

        
第8  "

155

301

3

78

16

25

       
第11 "

143

314

13

70

21

24

      
第13 "

185

256

7

67

15

29

      
第17 "

154

312

6

75

20

25

   

騎兵隊総数

1,915 3,659 103 779 177 246

    

英国
砲兵隊
右翼

575

600

70

179

              
左翼

587

517

45

...

              
A 大隊

155

137

12

29

                 
H       "

146

121

6

24

                   
F        "

161

418

16

45

砲兵隊総計:

    
B及びG大隊

268

385

42

71

258

379

     
E大隊

150

169

12

51

               
C      "

193

447

8

...

                  
P      "

138

239

12

42

                
W     "

254

331

15

29

                
   I       "

189

317

9

21

                 

工兵隊  (右翼及び左翼)
                                                    

433

1,136

28

91

35

42

       
砲兵隊及び技術者総数                                               
3,249 4,817 275 582 293 421        
バラクラバでの病院          2,114 190                                        

*注:
a) 各々4つの連隊に付されているa)の注は、4か月間のみのクリミアに進駐していたことを示す。定員兵力はそれぞれの規模に応じて減員されていた。
b) 同様にb)の記しのついた4つの連隊は5か月間の間、クリミアに進駐した。定員兵力は減員されていた。
c) スカタリでの戦死者は両方の大隊が含まれている。2つの大隊の戦死者を区別する方法はもはやない。
d) スカタリでの戦死者は第1大隊のものを含む。
e) 同上
f) 通常兵力の半分が示されている。4か月間の任務に就いたのち、本国へ帰還した。
g) 近衛大隊は2月末まで前線で任務についていた。だが、ここではバラクラバにおける兵力も含まれている。当時そこでは帰還する兵士を纏めていた。
h) 第63連隊は1月末まで第4師団と共に前線にいた。ここでもバラクラバでの兵士を含んでいる。

ここに示されるデータから、以下のことが推測されるかもしれない。すなわち、スカタリでの病院の衛生状況が(上記のような)特定の部隊の過剰な死者、その部隊全体に匹敵するくらいの死者を出した原因であったかもしれない、ということだ。脚注の最後の中で示される兵士たちの献身、あまりに過大でかつ痛ましい結果に見られる彼等の献身が、彼等の義務に課せられたプレッシャーを示しているように思われる。

[この章はある一時期の病人にみられるバリエーションの統計値へと続く。]

[表Aの発端とその重要性に関する議論は「フローレンス・ナイチンゲール、復讐の天使」ヒュー・スモール著、をご覧下さい。この書について、より詳しく知りたい人は下のホームページリンクへ]

[ トップページへ戻る ]